Techmer PM

Techmer PM – Setting the Technology Standard

テクマーPMはプラスチック/ファイバー用の高付加価値マスターバッチ/機能性コンパウンドのトップメーカーです。当社は、1981年に現会長兼CEOのジョン・マナック(John Manuck)によってロスアンゼルスで設立されました。ジョン・マナックは、米国西海岸でプラスチック用着色剤/添加剤のニーズが高まっていたことに着目、それに応えることを目的に当社を設立しました。

「テクマー」の名称は「テクニカル」+「ポリマー」からの造語で、PMはポリマー・モディファイアー(樹脂改質剤)を意味します。設立当初から、当社は社名の通り、着色剤/添加剤の分野で卓越した開発力と技術サポートを提供することで、プラスチック製品の品質及び性能向上に尽力してきました。

皆さんの身の回りでテクマーPMの社名を見かけることはないと思います。しかし、実際には当社の着色剤/添加剤は、多くのプラスチック加工メーカーにより各種消費材や工業材に採用され、最高の色合い、風合い、見栄えを実現させています。

当社が開発、提供する添加剤およびカスタムメイドのカラー・マスターバッチは数々のプラスチック製品において重要な役割を果たしております。その主たるものだけでも床材(ホームフローリング)や自動車内装トリムからオムツ、ガーデン用ホース等々、多種多様です。また当社自社ブランド製品には、2010年に当社がBASFから取得した親水性添加剤技術によるTechflow、Techsplatter、Techsperse、Techsurfの各製品も含まれます。

これらの多彩な製品により当社は、射出成形、発泡加工、シート押出成形等々、多くのお客様のさまざまな製造工程におけるご要望にお応えてしております。当社は、確かな技術力を基に、お客様と共に考え、共に働き、お客様一人一人の固有の問題に対して具体的な解決策の提案や最適な製品の開発を行っております。当社の製造拠点は全米7箇所に亘り、お客様との密接なコミュニケーションと素早いソリューションの提供を可能にしています。米国外ではブラジルのサンパウロ市およびドイツのケルン市にも事務所があります。

製造拠点間の品質レベルを均質化し、常にお客様の期待通りの優れた品質を提供することは、当社の大きな使命です。その為に、当社は継続的なビジネス・プロセス改善の為のマネジメント・システム認証を取得してきました。ISO 9001:2008は、2010年8月に取得完了しています。

当社独自の品質の追求に加えて、当社は業界全体のイノベーション推進に向け、業界内の会議やイベントを主催しています。その一つ、「ファイバーテック」は当社が2000年以来毎年主催している技術会議です。「ファイバーテック」では業界を代表する各社が一堂に会して、業界の動向につき意見を交わすとともに、革新的なソリューションの開発に向けた連携を強めております。

次世代のリーダーやイノベーター創出に関しても当社は多くの時間とエネルギーを割いて取り組んでいます。例えば、テクマーPMは、英国王立芸術協会(RSA)の学生デザイン賞(SDA)のスポンサーとして、学生デザイナーを支援しています。毎年授与しているSDAには、学際デザイン分野で有名なビル・モグリッジ賞も含まれています。

当社の従業員は今では500人を超えます。しかし、規模は大きくなっても、社員同士の強い家族意識と自由闊達なコミュニケーションは引続き当社の強みです。相互協力を大事にしながらも、チャレンジ精神旺盛な当社の企業風土は、更なる変革の推進、お客様への高品質サービスの提供、地域コミュニティへの利益還元の原動力となり、2014年には米国プラスチック・ニューズ誌より、全米の業界内における「最高の職場」賞を受賞しました。

Techmer PMを知る

Back to Top